生活IROIRO

私なりによりよい生活を目指していく上での日々の記録です。将来の我が子へ。

あったかくなったら、ブレボーをもう少し、、

今週のお題「あったかくなったら」

 

あったかくなったら、花粉が気になるんだろうなぁ、、

特に去年から小2娘のアトピーがひどくなってきたので、花粉症+アトピーでどんな症状が出るのか気になっています。

飲み薬で少しは抑えられるかもしれませんが。

 

去年の冬は、自転車の練習をし、キックボードに乗っていましたが、この冬は、二重跳びを練習し、ブレイブボート(リップスティックDXミニ)に乗っている娘です。

なぜか、あったかくなる前の方が外遊びをしているような、、、。

 

ブレイブボードはタイヤが2つで、そのタイヤの付き方が独特で斜めになっています。

ボードは真ん中で分かれていて、それぞれが足踏みするような感じ上下に動きます。

つま先部分が上がるときはかかとが下がる、って感じです。

それでひねりを加えながら進むのですが、タイヤが2つなので、スピードが落ちるとバランスが取れずに落ちるしかないです。

そしてスピードが出ると怖いです。

 

私も借りてみましたが、スケボーよりは、スノーボードに近い印象でした。

 

怖い怖い、、

かまりながら進んでいく感じですが、ズルッと進行方向に盛大にこけて、肩をやってしまった友人(大人)の話を聞いていたので、とても慎重になっています。

大げさではなく本当に、ちょっと降りかたを無理しただけで、手足や腰をひねってしまいそうだ、、

 

ちなみに子どもは順調に練習して、順調に上手くなっています。

この年齢の子どもは、本気を出せば何でも上手くなりますね!

 

怖いけれど、私もちょっとでも乗れるようになってくると嬉しい。

スノボをやっていたころを思い出します。

へたっぴだったし、今怪我したら大変なのでもうスノボをやろうとは思わないけれど、ブレボーでスケボ気分を味わおうかな。

私はもうちょっとあったかくなってから練習したいなぁと思っています。

 

 

今年の心掛け

今週のお題「初夢」

 

子どもは「鷹となすの夢を見たような気がする」と言っていました。

 

きっと見ていないなぁ~、笑

 

でも夢ってそんなものかな、そんなことも多いのかなぁ、と思います。

 

実際にそんなに覚えていなくても、「見たような気がする」、「見たことにしておこう」と思ったり、細かいところは勝手に補ってしまったり。

普通の記憶でさえそういうことはありますから。

 

 

今年の目標とまではいかないけれど、心がけようと思っていることは、

  1. 子どもに否定的な反応をしない、優しい接し方をする
  2. 見た目や身だしなみに気を遣う

 

1は、自分の子ども時代を思い返してみて、小学校低学年のときの母親の自分への態度や他の人への態度って結構印象に残っているので、特に気を付けようかと。

無理をするわけではなく、落ち着いて、話し方や接し方に気を配ってみようと思います。

 

いいことを言うのはいいですけど、勢いでネガティブなことを言っちゃうと、口から出てしまった言葉は言わなかったことにはできないですからね。

即答で否定、はやっぱり傷つけてしまう可能性が高いので気を付けます。

 

2は、単純に、少し興味が沸いた(戻ってきた?)からです。

いろいろと心身の衰えを感じる40代。やっぱり見た目もそこそこでいたいし、無駄遣いはできない。そのためには努力や工夫が必要なんだなと、ひしひしと感じています。

どんな服装が似合うのか、メイクはどんな感じでしたほうがいいのか、ちょっと真剣に考えてみたいなと思っています。

 

基本はスニーカー、ノーファンデ、髪も石鹸で洗っていますが、できればこれからもそれらは継続しつつ、どんな風に自分にあったスタイルにしていこうか、どう変化させていこうか、考え始めています。

 

娘が描いた私と夫。

なかなか上手です。
f:id:m210110:20230109220408j:image

食物アレルギーと仮性アレルゲン

小2娘のアレルギーがわけわからなくなってきています💦

 

記録がてら、こんな感じっていうのを書きます。

 

赤ちゃんの頃から、

卵、小麦、大豆、乳、ごま、山芋などのアレルギーがありましたが、幸いひどい症状が出たことはありません。

幼児に多いアレルギー食品、卵、小麦、大豆、乳は、今では一応食べられるようになっています。

 

幼稚園児になり、

ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、カシューナッツ、くるみ、で、結構重い症状が出ました。

ナッツ類は、粉になってお菓子とかに紛れているのでメチャクチャ危険です。

これらのアレルギーは重症で、ずっと治らなそうです。

 

大豆アレルギーは一応早くになくなったのですが、豆乳や湯葉など、体に合わないものもあるみたいで食べるのを嫌がります。

ごまアレルギーも大丈夫になったはずだけれど、ごま豆腐を嫌がり、スプーン2口食べさせたら数時間後に大量に嘔吐したことがあります。

給食で最大8グラムのごまを食べているのだけど、練りごまが合わないのかな、、?

 

今年の春、料理にハマってレンコンを切ってもらったら、手にかなりひどい湿疹が出ました。何日か跡が残りました。

もうレンコンは切らないでもらおうと決めました。

 

この夏前からアトピーっぽい症状が出てきて、秋からはひどいアトピーになった。

今からアトピーかぁ、、とちょっと憂鬱になりました。

まぁアレルギー体質なので仕方ないですね。

喘息がないだけよかったです。

 

そして少し前に大豆ミート(粒状だいずたん白)と野菜を炒めたものを食べたあとにも吐きました。豆乳などが苦手な娘は大豆ミートたんぱく質でアレルギーを起こしたのかと思いました。

 

しかし最近、大豆ミート入り野菜炒めにもいれていた、レンコンの仮性アレルゲンに反応したみたいです。 

レンコンとニンジンの炒め物。

ちょっと食べて嫌がるも、レンコンは火を通しているし、煮物とか茹でてサラダにしたものは食べられてるし、「食べて!」と少し多めに食べさせました。

何が嫌なのか、そもそも原因がレンコンなのか、ごまなのか、本人にもわからないらしい。

ただずいぶん後になって「イガイガする」と。それならおそらくレンコンだ、と思うも遅かったです。

 

ぐったり(薬を飲む、クラリチン10mg)→寝る(2、3時間ぐっすり)→起きる→寝る(着替えてから)→大量に吐く→ひどい鼻づまり。

 

レンコン。

アレルギーの血液検査の項目になかったんですよね。あまりアレルギーの人はいないのでしょうか。

レンコンアレルギーではなくて、仮性アレルゲンに反応したのかと思うのですが、これだけ強い症状がでるのは怖いです。

 

小2現在、

ナッツ類、レンコン、そしておそらく山芋

がアウトで、

大豆、ごま、そば

がグレー

といった感じです。

 

症状は、

イガイガ、咳、眠気、嘔吐、鼻づまり

そして、全身症状、です。

しゃべらない、動かない、顔色が悪い、鼓動が速い、など。

 

わかりにくい文章ですが、自分たちの記録のためと、同じようにアレルギーがある方が見るかもしれないと思い、書きました。


f:id:m210110:20221216112127j:image

 

映画「すずめの戸締まり」を観て、災害を常に意識する日常を考えた

新海誠監督のアニメ映画、「すずめの戸締まり」を観ました。

 

5歳の時に東日本大震災で母親を失くした女子高生が、日本各地の災害の扉を閉じてまわることになるお話です。

 

しゃべる猫
椅子に姿を変えられた青年
扉の向こうの別世界
災いを封印する魔法の鍵

 

ファンタジー要素が盛りだくさんです。

 

そして、常に扉のすぐ向こうに災いが迫っている不穏さ。


それによってリアルでどうしようもない不安を掻き立てられます。

 

今や、私たちの生活の背後には、常に地震や自然災害がスタンバイしている。

非常用持ち出し袋に、水や食料の備蓄。
頻繁にある避難訓練
そういった各所の備えの手厚さは私が子どもの頃とは全然違う。

 

そして、この映画。

 

あの頃のようなのほほんとした暮らしは、もうこれからはないということを思い知らされる。

私たちの生活は、いつでもどこでも災害はおこる、という前提の元にあることを忘れられないし、忘れるわけにはいかない。

 

登場人物たちは、世のため人のために立ち上がるヒーローではなく、愛する人のために戦うヒロインでもない。
ただただ巻き込まれて役割が与えられてしまったし、閉じ師としての運命をただそういうものとして受け入れている。
日本が、地球が、少しでも長く保てるように、ほころびを繕っていく。

 

それが、これからの日本、これからの地球なんだなぁ。


常に私たちの生活を脅かしている災害をギリギリのところでなんとかかわしたり、被害を少なくするべく工夫して過ごしていく時代なんだな、と、そんなことを考えさせられた映画でした。

 

 

 

 

「仲間」と「熱中」するのが苦手でした。

今週のお題「わたし○○部でした」

 

○○部

う~~ん、、

私、なじめず転々としていました。

小学校で、料理クラブ、絵本クラブ。

それ以降、テニス部、美術部、写真部、体操部、英会話。

ほかにもあったかなぁ?

どれもフェードアウトのような。

 

大学のサークルもそんな感じ。

 

何がやりたい、何がやりたくないというのではなくて、学生の部活ノリそのものについていくことができない人間でした。

 

部活って独特な世界であることが多いですよね。

学校や会社とも違うし、趣味のサークルや習い事とも違う。

 

先輩がいて、内輪の仲間意識が大事。

部のカラーというか、雰囲気がある。

何をどれだけやるかもある程度決められていたり限度がある。

独特な人間関係の輪の中に上手く入り込んで、その時その時で、自分の存在感を出していかないといけない。

それが上手くはまっているときは楽しいこともあったけれど、結局周りを気にしてばかりで、自分が好きなことをのびのびできない場になってしまった。

 

だんだんと楽しめなくなり、そこでやる意味もなくなり、人間関係の雰囲気が苦手で行かなくなる。

それを何度も何度も繰り返し、今はもう部活のことはほとんど忘れてしまいました😅

 

暗い出話になってしまいましたが、きっとそんな人もいっぱいいますよね!?

 

娘もあんまりそういった場が得意そうではなさそうです。

中学生になったら、できれば仲間と部活を楽しむ学生生活を送ってほしいなぁと思います。

 

協力して何かをやる部活で娘にも参加できそうなもの。

吹奏楽部とかどうなんだろう?

運動系は難しそうですが、何か人と一緒に本気で取り組んで楽しむ、そんな学生生活を送ってくれたらいいなぁと思います。

 

まぁでも、本人次第ですね😊

f:id:m210110:20221115165728j:image

 

白髪、抜け毛対策に、頭皮マッサージを始めました。

ここ2、3ヵ月、抜け毛の量がすごかったです😢

 

頭を洗う度にゴッソリ。

髪を乾かす度にゴッソリ。

一度の洗髪で50本くらいは抜けていそうです😱

朝は朝でブラッシングするとゴッソリ。

 

白髪が着々と増えているのもずっと気になっています。

 

オススメにあがってきたのか、先日なんとなーく観た白髪予防マッサージの動画に影響されて、なんとなーく頭皮マッサージをし始めて今3日目です。

ちょこちょこマッサージ×1日3回くらい。

 

首筋と耳と、頭皮を適当にマッサージ。

髪の毛を引っ張らないで、頭皮を揺らすようにつかむように動かす。

 

白髪への効果はわからないけれど、抜け毛への効果がてきめんでした。

抜け毛の量が1/10くらいに減った感じ。

本当にびっくりです!

頭皮に血がめぐってあったまって、お肌が柔軟になって、それで抜けにくくなるのかな。

 

首より上の皮膚って半分は毛に覆われている。

でも念入りなケアをするのは(私はあまりやってないですけど一般的には)顔や髪の毛がメイン。

今までなんで気づかなかったんだろう?

 

頭皮の面積分、半分もほったらかしなんてもったいなかったです。

 

頭をマッサージすることによって、顔の表情もいきいきしてきたような気がします。

きっと私の思い込みではないハズです!😁


f:id:m210110:20221114182340j:image

カバンの中身は、ちょうどいい温度のお湯

今週のお題「カバンの中身」

 

財布、鍵、スマホ、ハンカチ、ティッシュ

ワセリン(保湿剤)、折り畳み傘(日傘)、日焼け止め。

そして、水筒(マグボトル)を必ず持ち歩いています。

 

中身はお湯のことが多い最近です。

ただ水を沸かして、少し冷ました「お湯」です!

 

ちょうどいい温度のお湯どころか、お茶や水はあっても、お湯自体お店や自販機で売られていないですよね?

給茶器が置いてあるスーパーとか薬局はたまにありますが、持ち歩くことはできないですし、、

 

本当に喉が乾いたときって水(お湯)なのかお茶なのかはあまり関係ないというか、むしろ水の方が美味しいかも、と思うようになりました。

 

来年は夏も、マグボトルの中身は、水+氷で温度調整、でいこうかなと思います。

 

お茶を入れないと、ボトルが本当にきれいに保てる!

 

台湾甜商店のおかわり自由のジャスミン茶と烏龍茶がすっごく美味しく感じた理由は、ちょうどいい温度なのでは?と思っています。
f:id:m210110:20221023164215j:image